ギガゴリWiFiは、ソフトバンク・ドコモ・auのトリプルキャリアネットワークに対応しているので日本中が対象範囲のワイドエリアでお使いいただけます。

ギガゴリWiFiは電波の受信強度・通信速度の安定性・使用データ量などのあらゆる条件を踏まえた上で、その場所・時間帯・利用状況における最適なSIM(回線)を自動割当します。

ドコモが圏外の地域でソフトバンク/auが利用可能地域であれば自動で利用可能な回線に切り替わり、どこでも快適にお使いいただけます。

ギガゴリWiFi対応エリア:ドコモ

ギガゴリWiFiではドコモのXiが利用可能です。これはNTTdocomoが提供している新世代の高速通信規格です。高速のインターネットをご利用いただけます。

日本全国で利用可能でXiの利用可能な地域であれば、全国でご利用いただけます。

より詳しい提供エリアは、下記リンク先よりご確認ください。

参考:NTTdocomo サービスエリア検索

ギガゴリWiFi対応エリア:au

ギガゴリWiFiで使えるau 4G LTE(エーユー フォージー エルティーイー)は、auブランドを展開するKDDI、および沖縄セルラー電話のLTE(FDD-LTE)を使用した携帯電話・タブレット・データ通信端末向け通信サービスのブランド名称です。

auは4G LTE 800MHzプラチナバンドで人口カバー率99%超のサービスエリアを提供しています。登山道や世界遺産、キャンプ場など様々な場所で快適にご利用いただけます。

参考:au サービスエリア検索

ギガゴリWiFi対応エリア:ソフトバンク

ギガゴリWiFiで使えるSoftBank 4G LTE(ソフトバンク フォージー エルティーイー)は、ソフトバンクモバイルの提供するFDD-LTE方式のLTEを使用した携帯電話向け通信サービスのブランド名称です。

FDD-LTEは、上り(アップロード)と下り(ダウンロード)で違う周波数の電波を使っています。異なる周波数の電波を使っているので、違う通り道を使っています。

車で例えると違う片側1車線の道路のようなものです。

TD-LTEよりも混線しにくいという特徴がありますが、片側しか通れない、つまり通り道が固定されているので、どれだけ混んでいても道の大きさや使い方を変えることができません。

携帯電話に置き換えると、利用状況によって通信容量を変えることができないことになります。

SoftBank 4G LTEは全国の広範囲なエリアで整備されています。900MHz帯など比較的低周波数帯の電波を利用しているため、屋内や山間部などでも繋がりやすいといった特徴があります。

参考:Softbank サービスエリア検索

ギガゴリWiFi海外のエリア

ギガゴリWiFiは、複雑な申請手続きなしで、海外でインターネット接続ができます。

ただし、海外で利用するには海外利用料として別途料金を支払うことになります。利用した日数分だけ支払います。端末を海外に持っていっても電源を入れなければ海外料金は発生しません。

現在、ギガゴリWiFiは、日本を含む世界132ヵ国で利用できます。

アジア 17ヶ国
1日 850円(非課税)
高速データ通信を1GB/日まで利用可能

アジア以外の115ヶ国
(ドイツ、フランス、イギリスといったヨーロッパ圏やエジプト、メキシコといった観光都市)
1日 1,250円(非課税)
高速データ通信を1GB/日まで利用可能

ギガゴリWiFiは、クラウドSIMなので広エリアで使える

ギガゴリWiFiのクラウドWiFiにはSIMカードは必要ありません。

ギガゴリWiFi端末の電源を入れるだけで、全世界・全キャリアのSIMカードの中から最適な回線をクラウドサーバーから読み込み、インターネットが接続できるようになっております。

つまり、利用者はSIMカードを挿さなくても、クラウド上のSIMカードを自動適用することで、世界100ヶ国以上でインターネットを使うことができるのです。

ですから、ギガゴリWiFiではSIMカードを発行することがありません。SIMカードなしで3キャリアをエリア内ならどこでも自由に使えてしまうのです。

ギガゴリWiFiのクラウドSIMとは、ソフトウェアによって仮想化されたSIMカードのことです。

本来はプラスチックのSIMカードに入っている回線契約や通信に必要な固有番号情報などがクラウドサーバー上にあり、必要に応じて端末にSIM情報をダウンロードし、使えるようにしています。

ギガゴリWiFiのクラウドSIMを利用することで、国や地域が変わった場合にユーザーはSIM情報を書き換えることができるようになります。

また、サービス提供事業者にとっては、回線契約情報などを複数のデバイスで使い回せるメリットがあります。

クラウドSIM対応デバイスは、ユーザーが滞在する場所を識別し、クラウドサーバーに位置情報を送信。クラウドサーバーは各地での通信に必要なSIM情報を保有しており、デバイスからのリクエストに応じて加入者情報などをデバイスに送り返します。

クラウドSIM対応デバイスは、海外はフランスや中国やアメリカやロシアなどの地域に行っても、SIMカードを差し替えることなく現地の料金に近い、比較的安価な価格で通信ができます。