現在、どんなときもWiFiが通信障害発生していることもあり、ギガゴリWiFiに乗り換えるユーザーが増えています。

どんなときもWiFiでは以下の理由から繋がらない・低速通信となる事態が起きています。

(1)一部のキャリアからのSIMカードの提供がストップしており、SIMの増強に遅延が生じている。
(2)SIMカードを動かす為の設備の製造および発送が停止、遅延している。

(1)については、キャリア全体のデータトラフィック(通信量)の増加が想定されます。
(2)については、新型コロナウィルスの混乱による影響となります。

これら2点の理由により、ご利用者様への十分なデータ量の確保ができていない状況です。

この状況を受けて現在も随時、SIMカードの追加は行っておりますが、完全復旧の見通しが立っていないことを受け、今すぐネットを使いたいユーザーが、ギガゴリWiFiに乗り換える動きとなっております。

ギガゴリWiFi乗り換えで通信速度や電波は大丈夫?

ギガゴリWiFiに乗り換えたユーザーの多くは、通信速度に満足しています。通信障害が発生している、どんなときもWiFiより速い速度で安定しています。

しかし、「通勤時間帯」「お昼時」など皆が一斉に利用する時間帯では多少速度が落ちたりします。

ギガゴリWiFi乗り換え検討するユーザーの悩みは回線の信用度

ギガゴリWiFiに乗り換えを検討しているユーザーの最大の懸念は、ギガゴリWiFiは無制限と謳っておきながら月間のデータ容量が300GBなど上限がないかどうか、またユーザーが増えた時にパンクして低速や圏外にならないかの点です。

ギガゴリWiFiはサービス開始が2020年4月8日ということもあり、現在なら通信障害が発生したどんなときもWiFiの利用者数より少ないので、パンクという観点では心配ないでしょう。

どんなときもWiFiは一番最初に提供開始した無制限Wi-Fiです。CM効果もありユーザー数はグングン伸びていきました。

それに対して、ギガゴリWiFiは、多数の会社が無制限Wi-Fiに参入して1年間経過してようやく参入ですので、既に無制限Wi-Fiを契約しているユーザー全員が乗り換えるわけではないので、どんなときもWiFiよりもユーザー数は少ないと言えます。

従って、ギガゴリWiFiの通信障害発生は心配する必要はないでしょう。

ギガゴリWiFiに乗り換えが不安?GMOインターネットは信用できる?

ギガゴリWiFiのGMOインターネット株式会社は独立系ネットベンチャーとして国内初の上場を果たし、現在ではインターネットインフラ事業で圧倒的なシェアを誇ります。

もはやベンチャーという規模ではなく安定感のある大手企業となっています。

GMOインターネット株式会社はインターネット事業の中では歴史が古く1995年からプロバイダ事業を開始しています。無制限Wi-Fiを提供する会社としては一番老舗の会社といって良いです。

GMOは会社として「インターネットインフラ事業」「インターネット広告・メディア事業」「インターネット金融事業」「仮想通貨事業」など、さまざまな事業に取り組む大手企業として信用できます。

ギガゴリWiFi乗り換え特典は?

ギガゴリWiFiキャンペーンは、現在予定しておりませんが、後から実施する可能性があります。

乗り換え者向けの特典はありません。新規契約・乗り換え契約どちらも同じ待遇となっております。他社の解約金を負担する特典などもありません。